続)石鹸シャンプーって肌に優しい?今の肌に必要なのかの判断の仕方‼︎

どうも~   鈴木です。



それでは、このまえの続き~☆
今の肌の状態に
石鹸の殺菌力が必要なのか?

それとも
いらないのか
それを判断する簡単な方法♪♪♪


前の記事読んでない人はよんでみてね。
(過去記事リンクです↓)




ではでは
いってみましょ~♪♪



まず黄色ブドウ球菌は
石鹸の殺菌力で落とせる。
(逆に言うとお湯に流しただけでは
菌は落とせない)でしたね☆



ではでは
その判断方法は。
まず石鹸でのやり方こちら↓



肌が荒れてる所で
通常通り石鹸を使う所と。あえて、
石鹸を使わないと所をつくって
そこがどう違ってくるかという
やり方☆





(今回は肌荒れしてるとして
左右の腕を例としていきます。
やる時は広範囲じゃなくても
少し一部とかでやってあげるといいです。そして、肌荒れがひどくなる時は
すぐ中止してください)


やるのは簡単☆

右腕)普段通り石鹸で洗う
左腕)お湯で流すだけ←*洗わない



これを一週間。

それで
・菌が原因で荒れてるのか
・油分が奪われて乾燥して荒れてるのか
わかります。



普段石鹸で洗ってる所に比べて
お湯で流してる所がどう
変わっていくかでわかるのです


《菌が原因の場合の☆菌タイプ》
"お湯で流すだけだと、菌が繁殖する"
でしたね。なので
お湯でながしてるだけだと
菌が原因の場合は
肌がどんどん荒れてくるのです。

(肌が荒れだしたらお湯で流すのを
中止して、石鹸使いに戻すと
肌が回復していくのがこのタイプ)



逆に
《乾燥が原因の☆乾燥タイプ》
乾燥タイプの方は
お湯で流すだけのほうが
油分が取られなくなり
肌の状態がよくなっていきます。





そして、次に
《頭皮でやる場合》
*石鹸シャンプーも石鹸にも
同様な殺菌力の効果があるのです。





頭皮の場合は
"石鹸シャンプーをやめてみる"



やめて頭皮がかぶれたり
痒くなる時は"菌タイプ"。

逆にやめて、


頭皮が落ち着く時は
乾燥タイプです。




なので、
まず石鹸シャンプーを使い続けてて
頭皮の状態がよくないな~って時や
石鹸シャンプー使い続けてていいのかな??って時は
このやり方がわかりやすいです☆




石鹸シャンプーだから良いではなく
今の自分の肌に合っているかどうかを
見極めることがとても大事です☆







東久留米 美容室

(↑初めての方はこちらから)
ヘアスタイリスト すずき













↓只今わたくし鈴木
ランキングに参加してるのです☆

なので
(パソコン画面から)
↓ポチッと画像クリックしてもらえると
ありがたいです♪♪

そして押してもらえると
励みになりますの~♡

0コメント

  • 1000 / 1000