熊野筆の職人をみて思ったこと...

なんとなく
みてたテレビで
熊野筆の職人がうつっていて


  狸  イタチ 山羊  ヤギ  
の毛を混ぜ合わせて職人が
一本一本筆を使っている


そして

職人の手によって作られる筆は
ひとつひとつ....


みたいなテロップがでて...


(そこまでしかみてません//)



そのあとは
わからないんですが..



ただそこまでの映像を見て
繊細なんだろうな〜と。思った。
動物の毛って事は
質だって
その時の栄養状態.環境によって
違うだろうし
それに合わせて配合度合いを
かえたり
ちがうんだろうな〜と。





私は。美容師として。ですが
仕事をしてて
同じ薬使っても。
いろんな条件で違くなるなっておもうんです



一般的には

これ使えば=こうなる!!みたいな

例えば
カラー剤とか縮毛矯正とか
この薬使うとこの仕上がりになるんでしょ?みたいな事を(たまに聞かれるんですが)







それはそれでざっくりは
そうなんですが




薬だけでは
ないんだけどな〜と。
おもったりする部分も...あるんです




塗布量から時間。処理剤とか
いろんなものの相乗効果で
色なら発色や明度。
矯正なら伸びやダメージが
変わったり。

毎度携わってる方でも
毎回の施術も
同じ薬はつかえなかったり。



なので
筆作ってる職人の姿に
いろんなことを重ねてみてしまいました。


毛を合わせて作ってる姿を
ぼんやりりみつつ
繊細だけど。おもしろそうな仕事だなと。


普段みえない部分に触れて
なんとなく親近感を感じました






興味ある方用に貼っときます
(筆づくりの工程がサイトの下の方からみれます)



ヘアスタイリスト   鈴木千絵







  

0コメント

  • 1000 / 1000